天然の親ウナギ放流 漁獲量回復へ浜松市など 遠州灘 /静岡

静岡県浜松市の舞阪漁港で遠州灘への放流を待つ親ウナギ

静岡県浜松市沖の遠州灘に放流される親ウナギ
 国際自然保護連合(IUCN)が絶滅危惧種に指定するニホンウナギの漁獲量回復を目指し、浜松市や地元漁協でつくる浜名湖地区水産振興協議会などは1日、浜名湖で捕獲した天然の親ウナギ229匹(101・2キロ)を遠州灘に放流した。

 ニホンウナギはマリアナ海溝が産卵場所とされ、通常は日本近海に戻る稚魚を捕獲し養殖している。この日は強い風が吹く中、漁船2隻が午後2時に浜松市の舞阪漁港を出発。浜名湖を出て約2キロの海上で親ウナギを放流した。年内にあと2回放流する予定。

 親ウナギの購入資金を募るため、地元漁協らで設立された浜名湖発親うなぎ放流連絡会がクラウドファンディングを実施。今年で3回目となり、32人から計33万6000円が集まった。

 放流に参加したウナギ仲卸会社の加茂仙一郎社長は「(稚魚が)必ず日本に戻ってきてくれると信じている。来年の漁期が楽しみ」と話した。
https://mainichi.jp/articles/20191106/ddl/k22/040/109000c
http://archive.md/h82xk